歯系副病院長のご挨拶

暖かな先端医療をめざして

 岡山大学歯学部附属病院は、平成15年10月1日より岡山大学医学部附属病院と統合しました。
  これにより、歯学部附属病院が目指していた『歯と全身を診る医療』は、ますます高度な歯科医療の実現に向けて推進されることになりました。言いかえれば、これまで以上に広い領域の疾患に対してより多方面からの有用な治療的取り組みを行うことが可能になりました。したがって、これまで通りの各専門診療における高度な歯科医療の実践に加えて、複合化した高度な歯科医療を追求して参ります。また、歯学教育・生涯研修の重要な拠点としての役割を担うべく、心と身体への深い思いやりを持つ臨床教育を追求して参ります。
これからも歯科医療の中核機関として先端歯科医学・医療を創出し続けるとともに、安心してかかることができる心と医療のサポートを受けられる病院として、地域への貢献を目指して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成16年4月
  岡山大学医学部・歯学部附属病院
 歯系診療担当副病院長
 皆木 省吾

 


Last modified on June 24 2004