沿 革  


 本施設は鹿田キャンパス内の歯学部内に位置し、歯学部および付属病院が昭和56年12月に竣工した際同時に建設され、昭和57年7月より使用が開始された。それ以来歯学部の研究、教育において本施設は重要な役割を果たしてきた。又、研究業績あるいは使用実績から明らかなように、本施設の利用者は歯学部にとどまらず、医学部その他を含む学部外、学外の研究者に広がっており、これは本施設を利用した研究活動の質の高さを実証している。特に最近、遺伝子変異動物システム、大学院重点経費などの大型予算により最先端のバイオテクノロジー機器が数多く配備され、歯学部のみならず、全学の遺伝子工学等研究における一つの拠点となりつつある。

 建物と設備


  本施設は、歯学部の10階にあり、管理区域の床面積は393m2で、RI管理区域からの排水の貯留槽と希釈槽が地下1階に設置されている。本施設には、バイオイメージングアナライザー、マイクロプレートカウンター、プラスミド自動分離装置、蛋白質自動精製システムなどのバイオ最先端の機器やDNA増幅器(PCR)、DNAオーブン、ジーンパルサー、超遠心機、高速冷却遠心機、液体シンチレーションカウンターなどの基本的な分子生物学実験機器も備えられている。

 業務内容


 研究内容


 スタッフ


 

 施設へのお問い合わせ先   koyama@dent.okayama-u.ac.jp  

                       

歯学部のその他のページへ

岡山大学ホームページへ