岡山大学病院 歯科医師卒後臨床研修のご紹介

平成18年4月より歯科医師法が改正され、新たに歯科医師免許を取得した歯科医師が診療に従事しようとする場合には1年以上の臨床研修を受けることが義務化されました。岡山大学病院では、歯科医師免許取得直後の歯科医師に対して総合的な歯科診療能力を習得できるプログラムを提供しています。
研修歯科医は卒後臨床研修センター歯科研修部門に所属しますが、本院ではロッカー室に加え、机、書籍、ビデオ等を備えた居室を設置し、Medline等の文献データベース検索が行える様にインターネットの利用環境を整備しています。また、指導医教員室を室内に設置して研修歯科医が指導歯科医に症例について常時気楽に相談できるようにしています。
本院における歯科研修の目標は、患者中心の全人的医療を理解しすべての歯科医師に求められる基本的な診療能力(態度,技能及び知識)を身に付け生涯研修の第一歩とすることであり、この目標を研修歯科医が達成できるように、充実した診療研修はもちろんのこと、各種セミナー、シミュレーション実習、カンファレンス、救急救命講習(ICLSコース)等も随時開催しています。

社会から期待される歯科医師となるための礎として岡山大学病院で卒後臨床研修を行っていただき各自の将来に向けて有効に役立つものとしていただければ幸いです。

卒後臨床研修センター歯科研修部門長
                 教授     鳥井 康弘
      総合歯科教員    講師     白井  肇
                助教     河野 隆幸
              
 助教     鈴木 康司